Top > 中学受験で必要な読解力のつけ方

中学受験で必要な読解力のつけ方

中学受験では、読解力がとても必要になってきます。
国語はとてもむずかしい問題が出されることが多いですし、算数でも文章問題が出てくるので、しっかりと読解力をつけておくようにしましょう。
読解力がない子供である場合は、文章を書かせるようにすることが大切です。
書くことが出来るようになれば、読むことも出来るようになるのです。
逆に、書くことが出来なければ、読みとくことは出来ません。
そのため、中学受験で読解力をつけたいと思っている場合は、毎日、文章を書かせるようにします。
日記をつけるようにさせてもよいですし、簡単な文章を読んであらすじや要点などをまとめさせるようにしても良いです。
ただ、その時は、必ず文字数を決めておくようにします。
文字数の範囲を決めておくようにすると、その中で上手に書く練習をすることが出来るためです。
中学受験で読解力をつけさせたいと思っている場合は、文章を書く練習をさせるようにしましょう。
詳細はこちらのサイト(⇒http://www.spitmatix.com/)です。

関連エントリー